Skip navigation links
プレス リリース
トルコのニュース
刊行物
今後の入札
リンク
ビデオ
ニュースレター登録
このページを印刷プレビューページです。
ここをクリックし、ページに戻ります。
ページを印刷
ニュース
 
オーストリアのHamburger Containerboard社が製紙工場建設予定地に3億ユーロを投資  
13.09.2017

オーストリアのHamburger Containerboard GmbHは、トルコのキュタヒヤにある新製紙工場建設予定地に3億ユーロを投資する予定だ。2020年完成予定で最新の技術を結集した環境にやさしい新施設は、年間48万トンの段ボール原紙を生産し、500人の雇用機会を創出する予定だ。

 

913日、トルコ投資促進機関(ISPAT)アルダ・エルムット総裁が主催した会合には、オーストリアのPrinzhorn HoldingCEOコード・プリンツホルン氏、Hamburger Containerboard GmbHのマネージング・ディレクター、ハラルド・ガンスター氏、Hamburger Turkeyのマネージング・ディレクター、ヴェリシア・アイナー氏が出席し、Hamburger Containerboardによるトルコ初のグリーンフィールド投資の詳細の説明を聞いた。

 

ISPATのアルダ・エルムット総裁は、Hamburger Containerboard がトルコ初のグリーンフィールド投資にほぼ3年間ISPATと協力したことを明らかにし、「キュタヒヤへの3億ユーロの投資は、Hamburger Turkeyによる土地購入により完了した。これにより計500の新たな雇用が創出される」と語り、さらに「この投資は、3年間の努力を経て次の段階に進んでおり、完全に環境に配慮していることは特筆に値する。この投資は、トルコが欧州企業にとって重要な市場であることを再確認するものだ。欧州の投資家が依然としてトルコに大きな関心を示していることが分かる」と加えた。

 

アルダ・エルムット総裁は、ウィーンのトルコ大使館、トルコ産業省、キュタヒヤ市、 ザフェール地域開発機関に対し、プロセス全体への協力と支援に感謝した。

 

Hamburger Turkey Hamburger Containerboardの傘下にあり、4カ国に7つの製紙工場を展開、年間生産量は200万トンだ。トルコではチョルル、デニズリの2箇所に工場がある。新製紙工場は最先端の技術を採用し、7.8mの幅を使用した段ボール原紙の年間生産能力は48万トンとなる予定だ。

 

Hamburger Containerboard GmbHは、15カ国に6300人の従業員を抱えるPrinzhorn Holdingの傘下にあり、リサイクル、製紙、包装業界のヨーロッパ市場のリーダーにランクされている。Prinzhorn Holdingは、年間売上高123000万ユーロで、欧州第3位にランクされている。家族経営のPrinzhorn Holdingは、オーストリアのウィーンに本社を構えている。Prinzhorn Holdingには次の3つの主要部門がある。Dunapack Packaging(段ボール包装ソリューション)、Hamburger Containerboard(製紙)、Hamburger Recycling Group(古紙回収および取引)

11.12.2017 トルコ -G20の中で最も 急成長している国
06.12.2017 トルコ、韓国と投資関係を拡大
01.12.2017 在イスタンブール領事団とIspatが協力強化
28.11.2017 Waipaアジェンダの高い持続可能性
25.11.2017 スイス企業のトルコの成長への関心
22.11.2017 ボーイング、トルコ航空宇宙開発イニシアティブの一環としてイスタンブールに技術センターを開設
15.11.2017 クウェートとトルコ、二国間投資拡大のための覚書を締結
11.11.2017 ユルドゥルム首相、米国とトルコの関係の新たな章の到来を告げる
09.11.2017 トルコ、付加価値のあるデジタル化を奨励
05.11.2017 認識の違いを埋めるための米国でのロードショー
<<
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
>>