Skip navigation links
プレス リリース
トルコのニュース
刊行物
今後の入札
リンク
ビデオ
ニュースレター登録
このページを印刷プレビューページです。
ここをクリックし、ページに戻ります。
ページを印刷
ニュース
 
投資家は投資を増やし、引き続きトルコ経済への自信を示す 
13.08.2017

トルコは、豊富な機会を提供して、依然として魅力的な投資先である。トルコ経済は、2016年第4四半期に3.5 パーセント、2017年の第1四半期には5パーセントの成長を記録した。金額ベースでは、トルコは20168月から20176月の間にFDI110億米ドルに達し、2017年最初の6ヶ月のトルコへのFDIエクイティ投資の流入が41億米ドルと、前年比で50パーセント増加した。

 

2002年の初期段階で実施された改革が急速に実を結び、トルコの投資環境が大幅に改善された。いくつかの多国籍企業がトルコに投資を行い、その多くが過去15年間に渡ってその投資を継続して拡大した。一部の企業は、トルコを地域統括ならびに生産拠点とさえ位置付けるにまで至っている。

 

この最新の例は Anadolu グループがトルコのウスパルタ県にある飲料工場に行なった11,000万米ドルの投資である。Anadolu グループは、Coca-Cola Turkey50.3%を所有している。新しい生産施設の開所式でトルコのレジェップ・タイップ・エルドアン大統領は、投資家がトルコに寄せる信頼について賞賛した。大統領は、広範囲にわたる改革が過去10年間に行われ、外国投資家に魅力的で安全な投資環境を提供したことを強調する一方で、トルコへの持続的な FDI の流入が重要であることを指摘した。近頃トルコに行われた他の大規模投資の中でも、トルコの再生可能エネルギー資源ゾーン (YEKA) 2回目の入札の一部である1-GW 風力発電所建設の入札に成功したコンソーシアムのメンバーであるSiemens Gamesaと、トルコと日本の企業による15億米ドルの共同プロジェクトであるイスタンブール・イキッテリ市民病院を特に取り上げた。エルドアン大統領は更に、2002年から2016年の間にトルコへのFDI流入が1,810億米ドルに達し、これが 1984年から2001年の期間の135億米ドルからの大幅な増加であることをしたことを指摘した。

 

米国のコカ・コーラ社のムーター・ケント取締役会長もまた、開所式でスピーチを行なった。会長は、トルコの可能性への信頼を強く繰り返し、コカ・コーラ社は継続してそのパートナー会社に投資を行うことを認めた。

 

米国は長期にわたる経済ならびに政治的パートナーであり、トルコにとって世界最大の外国投資家であることから、トルコの重要な投資ならびに貿易のパートナーである。米国はトルコの輸出で第5位、輸入で第4位の地位を占める。2016年末現在、トルコと米国の貿易量は約175億米ドルであった。また、2016年トルコに流入した外国直接投資のうち7パーセントが米国からのものであった。トルコ米国ビジネスフォーラム (Amcham Turkey) によると、その会員135社によるトルコへのこれまでの投資額は540億米ドルであり、およそ90,000の雇用創出に貢献した。

11.12.2017 トルコ -G20の中で最も 急成長している国
06.12.2017 トルコ、韓国と投資関係を拡大
01.12.2017 在イスタンブール領事団とIspatが協力強化
28.11.2017 Waipaアジェンダの高い持続可能性
25.11.2017 スイス企業のトルコの成長への関心
22.11.2017 ボーイング、トルコ航空宇宙開発イニシアティブの一環としてイスタンブールに技術センターを開設
15.11.2017 クウェートとトルコ、二国間投資拡大のための覚書を締結
11.11.2017 ユルドゥルム首相、米国とトルコの関係の新たな章の到来を告げる
09.11.2017 トルコ、付加価値のあるデジタル化を奨励
05.11.2017 認識の違いを埋めるための米国でのロードショー
<<
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
>>