Skip navigation links
プレス リリース
トルコのニュース
刊行物
今後の入札
リンク
ビデオ
ニュースレター登録
このページを印刷プレビューページです。
ここをクリックし、ページに戻ります。
ページを印刷
ニュース
 
エルドアン大統領、ニューヨークの懇談会で米国の主要投資家らに演説 
22.09.2017

トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は、921日、第72 国連総会出席のためニューヨークを公式訪問した際、グローバル企業の経営陣、NGO、米国の経済団体の上級代表など約70名の実業家と懇談した。トルコ企業誘致促進エージェンシー(ISPAT)が企画し、EastWest InstituteEWI)が主催した懇談会で、エルドアン大統領は米国の大企業にトルコの投資機会についての洞察や、経済上の課題についての最新情報を提供した。

 

会合では、トルコの投資環境や投資機会、経済発展、改革に重点が置かれた。出席者の中には、ボーイング、シティグループ、メットライフ、GE、ペプシコ、アレルガン、カーギル、シェブロン、UBS、ブラックストーン、TPI、オッペンハイマー、アブラージ、コカコーラ、ジェネラルアトランティック、クインベストなどの有名企業の重役の姿が見られた。会合にはまた、米国商工会議所などの機関の議長や副会長も参加した。

 

エルドアン大統領は、投資家に対する演説の中で、改革と経済政策は書類上だけのものではなく、これを制度化しており、進行中の投資に必要なインフラストラクチャーを提供していると述べた。また、「トルコは、FDIを誘致するための重要な改革を継続しながら、絶え間なく変化するビジネス条件に従って必要な規制を導入している。トルコは知的財産権に関する新しい法律を制定した。これは投資家にとってトルコが国際的な場でのIP規制に完全に適合したことを意味する重要な意味を持つ。さらに、トルコは最近、投資家が様々な投資インセンティブやツール、およびメリットに容易にアクセスできるようにする生産改革を導入した。我々は、トルコで事業を展開しようとする国際投資家に対し、投資家を支援するためだけに組み込まれたISPATや大統領府を含む他の機関を通して、あらゆる種類の支援と円滑化サービスを提供する。」と述べた。

17.01.2018 より強力なカタールとトルコの絆、より強力な地域
12.01.2018 ドイツメディア、トルコのビジネス環境の洞察を直に得る
05.01.2018 エルドアン大統領、トルコ-フランス間の貿易量目標を200億ユーロに設定
11.12.2017 トルコ -G20の中で最も 急成長している国
06.12.2017 トルコ、韓国と投資関係を拡大
01.12.2017 在イスタンブール領事団とIspatが協力強化
28.11.2017 Waipaアジェンダの高い持続可能性
25.11.2017 スイス企業のトルコの成長への関心
22.11.2017 ボーイング、トルコ航空宇宙開発イニシアティブの一環としてイスタンブールに技術センターを開設
15.11.2017 クウェートとトルコ、二国間投資拡大のための覚書を締結
<<
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
>>