Skip navigation links
プレス リリース
トルコのニュース
刊行物
今後の入札
リンク
ビデオ
ニュースレター登録
このページを印刷プレビューページです。
ここをクリックし、ページに戻ります。
ページを印刷
ニュース
 
エルドアン大統領、トルコ-フランス間の貿易量目標を200億ユーロに設定 
05.01.2018

15日、レジェップ・タイップ・エルドアン大統領とトルコの内閣の代表団は、フランスのビジネスコミュニティの代表とともに、Movement of the Enterprises of FranceMEDEFInternational主催、ISPAT支援でパリで開催されたミーティングに参加しました。

 

ミーティングでの挨拶でエルドアン大統領は、トルコの投資環境についての洞察をMEDEFメンバーに披露し、トルコでの投資を増大させ、利用できる有利な投資のインセンティブから利益を得るよう勧めました。エルドアン大統領は、PPP換算のGDPで、トルコは世界で13番目に大きな経済であり、ヨーロッパでは5番目、一方フランスは世界で5番目 の経済大国で、ヨーロッパでは2番目であることを指摘しました。これらの指標に基づいて、エルドアン大統領は、現在の135億米ドルという貿易量はあるべき水準よりも低く、トルコとフランスは、少なくとも200億ユーロの貿易量に達するよう努力すべきだと加えました。

 

「トルコの経済は、2017年第3四半期に期待された11.1パーセントを上回り、この年の9ヶ月で全体として7.4パーセント成長しました。我々は、2017年年間成長率7パーセントを超える可能性があり、結果トルコは再びG20OECD各国の中で最も成長が著しい経済となるだろう」と語りました。

 

トルコにおけるフランス企業の海外直接投資は、過去15年で70億米ドルに達しました。20176月現在、トルコにはフランス資本の企業が1,500社ほどあります。トルコの2023年の目標に沿って、フランス企業は、輸送、エネルギー、そして環境技術など様々なセクターの13件の入札に参加しました。近年の両国企業の協力の例には、Airbus-TürksatASELSAN-ROKETSAN-EUROSAM、そしてトルコとフランスの輸出信用機関の間での合意などがあります。エルドアン大統領のフランス訪問では、ターキッシュエアラインズとエアバスの間の意思表示の署名も行われました。

17.01.2018 より強力なカタールとトルコの絆、より強力な地域
12.01.2018 ドイツメディア、トルコのビジネス環境の洞察を直に得る
05.01.2018 エルドアン大統領、トルコ-フランス間の貿易量目標を200億ユーロに設定
11.12.2017 トルコ -G20の中で最も 急成長している国
06.12.2017 トルコ、韓国と投資関係を拡大
01.12.2017 在イスタンブール領事団とIspatが協力強化
28.11.2017 Waipaアジェンダの高い持続可能性
25.11.2017 スイス企業のトルコの成長への関心
22.11.2017 ボーイング、トルコ航空宇宙開発イニシアティブの一環としてイスタンブールに技術センターを開設
15.11.2017 クウェートとトルコ、二国間投資拡大のための覚書を締結
<<
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
>>