Skip navigation links
プレス リリース
トルコのニュース
刊行物
今後の入札
リンク
ビデオ
ニュースレター登録
このページを印刷プレビューページです。
ここをクリックし、ページに戻ります。
ページを印刷
ニュース
 
Waipaアジェンダの高い持続可能性 
28.11.2017

22 1127-28日にドバイで開催されたWAIPA(世界投資促進機構)世界投資会議(WIC17)年次総会には、FDIの今後の展望について議論するために多くの専門家が集まった。今日では国際的な投資コミュニティのほとんどが、グローバルな分野における経済的課題に取り組むために国連の持続可能な発展目標と足並みを揃えている。WAIPAは、投資促進機関、国際機関、投資家との連携により、国連持続可能な開発目標との投資促進を統合するために適切に位置づけられている。

 

会議での演説で、ISPAT及びWAIPAのアルダ・エルムト代表は、投資促進機関に効果的な権限を与え、FDIを推進する世界的コミュニティを支援する役割を担うすべての追加的責任を担うことを表明したWAIPAのコミットメントを強調した。「持続可能な開発の原動力としてFDIを使用するという私たちの役割を果たすことを約束します。私たちは、パートナーシップと協力がこの目標の核心を成す方向性を打ち出すするためにここにいます。グローバル企業、投資促進機関の専門家、国際機関は、共に、持続可能な開発目標を達成するために年間2.5兆USドルの資本不足を補う機会を創出することができます。」とエルムト氏は述べた。

 

IspatWaipa代表に再選される

 

WIC17に先立ち、WAIPAはドバイで総会を開催した。そこでISPATは次期代表に選出された。新たに選出された2017-2019WAIPA運営委員会には、トルコ、ドバイ、アゼルバイジャン、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ポーランド、モーリシャス、カザフスタン、インド、韓国、メキシコ、ブラジル、コスタリカの投資促進機関が含まれている。

 

ISPAT2014WAIPA代表選への最初の候補者としての目標達成に近づきつつある。常任事務局はジュネーブからイスタンブールに移転されたため、運用コストをほぼ半減させると同時に活動の数を4倍にすることができた。それ以来、WAIPAは世界中の数多くのイベントや会議でメ加盟国の意見を代弁することに積極的に貢献してきた。WAIPAは、他との協力に非常に重点を置いており、WAIPA諮問委員会のメンバーでもあるUNCTADUNIDOILOOECDICCIEDC、世界銀行と直接協力している。

 

WAIPAは、世界130カ国に及ぶ、170の国家および地域の投資促進機関の統括組織である。国のFDIスコアを向上させ、投資促進機関、民間企業、政府が直面する経済的課題に対処するための解決策を見つけるために広範に取り組んでいる。

17.01.2018 より強力なカタールとトルコの絆、より強力な地域
12.01.2018 ドイツメディア、トルコのビジネス環境の洞察を直に得る
05.01.2018 エルドアン大統領、トルコ-フランス間の貿易量目標を200億ユーロに設定
11.12.2017 トルコ -G20の中で最も 急成長している国
06.12.2017 トルコ、韓国と投資関係を拡大
01.12.2017 在イスタンブール領事団とIspatが協力強化
28.11.2017 Waipaアジェンダの高い持続可能性
25.11.2017 スイス企業のトルコの成長への関心
22.11.2017 ボーイング、トルコ航空宇宙開発イニシアティブの一環としてイスタンブールに技術センターを開設
15.11.2017 クウェートとトルコ、二国間投資拡大のための覚書を締結
<<
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
>>