Skip navigation links
プレス リリース
トルコのニュース
刊行物
今後の入札
リンク
ビデオ
ニュースレター登録
このページを印刷プレビューページです。
ここをクリックし、ページに戻ります。
ページを印刷
ニュース
 
トルコ、世界の風力タービンブレードのトップメーカーを誘致  
11.07.2017

 

風力タービンブレードのトップメーカーであり、General Electric Renewable Energyの子会社のLM Wind Powerは、イズミルのベルガマ組織化工業区で、世界で14番目となる、同社のタービンブレード製造施設の落成式を行った。この新工場は、初年度の年間生産能力500MWを予定し、世界的レベルのハイテク生産ラインを保有している。

 

エルムット氏は新工場についてこのように語った。「我が国の2023年の目標を視野に入れれば、国内の再生可能エネルギー発電量を最大化し、20GWの風力設置容量を達成することが重要です。この意味で、風力タービンブレードを国内生産するための投資は、我々にとって非常に重要です。政府とエネルギー天然資源省は、国内の資源を発電に最大限に活用するため、多大な努力を払っています。特に、過去数年間の風力発電投資に対する安定した政策は、毎年平均1GWの試運転が開始され、現在は6.1GWの風力設置容量を達成しています」

 

LM Wind PowerCEOであるマーク・デジョング氏は「GEとベルガマのパートナーを誇らしく思い、事業の開始を祝福します。当社は、新しい国での成長を継続していきます。トルコは、当社のような事業にとって非常に魅力的な場所です。私たちはベルガマに多くの時間とリソースを投入し、今後いくつかのパートナーそして顧客とともに風力発電の市場で成長することを期待しています。」と述べた。

 

GE Renewable EnergyCEO、ジェローム・ペクレス氏はこれに付け加えて「GEはすでに、再生可能エネルギーで今後期待される市場であるトルコにおいて、特に風力の分野で2,000人以上の従業員を擁し、8カ所の施設で操業しています。LM Wind Powerと協力してGE Renewable Energyはブレード設計と生産を風力発電ビジネスに統合することで、最も急速に成長している発電のセグメントで、当社は強力な位置を確立しています。昨年、6 GW を超える風力発電所を設置することにより、トルコの風力発電セクターは重要な目標を達成しました。GEは、事業を行うコミュニティへの長期的な投資努力も行い、


この施設は現地の人材と協力するという取り組みの上での重要な到達点です。

式典で基調演説を行ったISPATのアルダ・エルムット総裁は、「ISPATGEのトルコにおける全てのプロジェクトを支援しており、今日はこの国におけるこのように重要なハイテク投資の達成できたことを、当然のことながら誇りに思っています。この投資は、トルコにおける再生可能エネルギーの容量に貢献するだけでなく、トルコの国家的電力政策にも新しい刺激を与えると信じています。」

 

グリーン産業の新しいハブの始まりの印として、LM Wind Power ベルガマ工場は450名を雇用し、まずは年間容量500 MW、そして、その後2 GWへ拡大する計画だ。新工場での生産が開始される。

17.01.2018 より強力なカタールとトルコの絆、より強力な地域
12.01.2018 ドイツメディア、トルコのビジネス環境の洞察を直に得る
05.01.2018 エルドアン大統領、トルコ-フランス間の貿易量目標を200億ユーロに設定
11.12.2017 トルコ -G20の中で最も 急成長している国
06.12.2017 トルコ、韓国と投資関係を拡大
01.12.2017 在イスタンブール領事団とIspatが協力強化
28.11.2017 Waipaアジェンダの高い持続可能性
25.11.2017 スイス企業のトルコの成長への関心
22.11.2017 ボーイング、トルコ航空宇宙開発イニシアティブの一環としてイスタンブールに技術センターを開設
15.11.2017 クウェートとトルコ、二国間投資拡大のための覚書を締結
<<
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
>>