Skip navigation links
トルコで投資する 10 の理由
投資家向けガイド
トルコへ入国する前に
労働許可
居住許可とは
市民権の例外的獲得
トルコでの企業
資産の譲渡
トルコで事業を行う場合の費用
金融へのアクセス
奨励策
被雇用者および社会保障
雇用条件
雇用の終了
トルコの社会保障制度
税金
投資地域
人口統計
規制・監督官庁
マクロ経済指標
トルコへの FDI
対外貿易
投資関連法
このページを印刷プレビューページです。
ここをクリックし、ページに戻ります。
ページを印刷
 

金融へのアクセス 

トルコの銀行セクターは、新興欧州ではロシアに続いて2 番目に大きな銀行システムであり、資本が充実し、流動性が高く、同国の投資家に大きな柔軟性をもって、資金を提供しています。銀行に加え、トルコのクレジット市場により、投資家はリースならびにファクタリング会社を通じてプロジェクトへの資金を利用することが可能です。

 

トルコには3種類の銀行があります: 預金銀行、開発/投資銀行、および世界的に認められているイスラムの金融原則に従った、無利子のバンキングに基づいた業務を行うパーティシペーション銀行があります。銀行は、現地ならびに外国通貨で法人ならびに個人に現金もしくは非現金の融資、および無利子 (パーティシペーション) 融資を行います。しかし、非商業目的で個人に外国通貨での融資を行うことは許されていません。加えて、トルコの住民はトルコに設立された銀行を利用して外国からの融資を受け取ることを義務付けられています。

 

その他の資金調達方法にはリースやファクタリングがあります。リースは国内リース、クロスボーダーリース、セール アンド リースバック、または販売支援リースなどの形式があります。不動産、自動車、コンピュータ、事務機器、医療機器、建設機械、製造機械、およびその他の固定資産は、リースを介して得ることができます。ファクタリング会社は一方で、販売された物品ならびにサービスから生じた請求書によって文書化された売掛債権を実際に購入するため、支払いのリスクを負います。

 

トルコベースの金融機関に加えて、欧州復興開発銀行 (EBRD)、欧州投資銀行 (EIB)、および国際金融公社 (IFC) などのいくつかの国際的開発銀行もまた、トルコにおける多くの投資プロジェクトに資金を提供しています。

 

銀行規制と監督機関:www.bddk.org.tr

トルコ銀行協会:www.tbb.org.tr

EIB (欧州投資銀行)www.eib.org

IFC (国際金融公社)www.ifc.org

EBRD (欧州復興開発銀行)www.ebrd.com