Skip navigation links
エネルギーおよび再生可能性
ビジネスサービス
化学製品
観光
機械製品
金融
鉱業と金属
自動車
情報通信技術
生命科学
農業・食品
不動産
輸送と物流
このページを印刷プレビューページです。
ここをクリックし、ページに戻ります。
ページを印刷
 

自動車 

トルコにおける自動車産業の始まりは1960年代初頭にさかのぼります。急速な工業化と進歩の中、この主要なセクターは組み立てを基盤としたパートナーシップから、設計と大きな生産能力を備えた本格的な産業へ変化しました。 20002016年までの間に、相手先ブランド製造 (OEM) 企業はトルコでの操業に140億米ドル以上を投資しました。 これらの投資によりその製造能力が著しく拡大し、その結果トルコは国際的OEMの世界的なバリューチェーンの中で重要や役割を果たすようになりました。 国際的な品質と安全基準を満たすだけでなくさらにこれを上回り、今日のトルコの自動車産業は付加価値生産のお陰で非常に効率的で競争力の高いものになっています。

 

  • ダイナミックな現地市場と有利な地理的位置を競争力のある高スキルの労働力と組み合わせて活用した結果、13の世界的OEM車両生産は2002年の374千台から2016年の150万台にまで増加しています。 これは同時期の年平均成長率 (CAGR) の約10パーセントを占めます。
  • トルコの自動車産業セクターの著しい成長により、2016年終わりまでにトルコは世界でも14 位、欧州でも 5 位の自動車生産国となりました。
  • トルコは既に中核的拠点であり、特に商用車両の生産において秀でています。 2016年末までに、トルコは小型商用車 (LCV) の欧州における生産高で第1位となりました。
  • 優れた生産ハブとしての実績を確立したトルコの自動車産業は今、そのR&D、設計、ブランド能力を高めることを目標としています。 2016年末時点において、自動車メーカー/サプライヤーに属する R&Dセンターはトルコ国内で84ヶ所に上りました。
  • トルコにおける製品開発、設計、エンジニアリングをともなう世界的ブランドの例としては、フォード、フィアット、ダイムラー、AVL 、およびSegulaなどがあります。 Ford OtosanR&Dセンターは、フォードが持つ世界最大の3カ所のR&D センターのうちの一つであり、ブルサにあるフィアットのR&Dセンターは、このイタリア企業にとってイタリア国外にあって唯一欧州市場向けに研究開発を行っています。一方イスタンブールにあるダイムラーのR&Dセンターは、同社のトルコにおけるトラックやバスの製造事業を補完しています。トルコで2番目のRDセンターを開設したAVL Turkeyは、自立走行車およびハイブリッド車の技術開発を開始しました。
  • トルコはまた、サプライチェーンの面でも支援的環境が整っています。それはOEMの製造を支える、およそ1,100 社の部品サプライヤーの存在です。 車両製造の生産ラインに直接部品を届け、OEMの現地化率は5070 パーセントの間で変動しています。
  • トルコは多くのグローバルサプライヤーの拠点でもあります。 250社を超える世界的サプライヤーがトルコを生産拠点としており、その内の28社は世界最大のサプライヤー上位50社に数えられています。
  • また、自動車メーカーはますますその輸出販売の生産拠点としてトルコを選んでいます。 2016年にトルコで生産された車両の約77パーセントが海外市場向けであったという事実がそれを示しています。 同年、110台を超える車両がトルコから海外市場に輸出されました。トルコはさらに、2016年に645千台を欧州市場に輸出し、同市場への最大輸出国となりました。
  • 現在、ドイツ、フランス、イタリア、英国、およびスペインがトルコの自動車産業にとっての主な輸出先ですが、新規車両販売需要の可能性が非常に大きな近隣新興国の市場参入を目指したい各企業の思惑から、輸出先が多様化する傾向にあります。
  • 一人当たりの国民所得が、2000年代初頭の3,000米ドルから2016年の約11,000米ドルへ増加したことも、自動車市場の販売の伸びに繋がりました。 2000年代初頭の年間平均販売台数が約 36万台であったのに対し、2016年までには100万台にまで増加しました。
  • 販売台数の大幅な増大にも関わらず、トルコにおける自動車普及率は、1,000人当たり165台と、欧州平均の500人と比較して、まだ大きな差があります。このことはつまり、自動車メーカーにとってトルコ国内市場にも大きな機会があることを意味します。 購買力の上昇と低い自動車所有率が、今後の自動車販売を後押しすることになるでしょう。