Skip navigation links
インフラストラクチャ
エネルギーおよび再生可能性
ビジネスサービス
化学製品
観光
機械製品
金融
鉱業と金属
自動車
情報通信技術
生命科学
農業・食品
不動産
防衛および航空宇宙産業
このページを印刷プレビューページです。
ここをクリックし、ページに戻ります。
ページを印刷
 

防衛および航空宇宙産業 

トルコの防衛および航空宇宙産業は、ここ数十年間、大規模な変革を遂げてきました。近年、上記分野で比類なき成功を収めたトルコは、今日、世界でもっとも急速な成長を遂げている防衛および航空宇宙セクターを有する国の一つに挙げられています。多くの試みへの着手、世界的に競争力のある製品の製造、および国際的プロジェクトで重要な役割を果たしていることからも、トルコの防衛、航空宇宙企業の持つ経験と品質の重視は明らかです。質の高い人材と最先端の技術を駆使したインフラにより、トルコ企業は各国のそれぞれの要件を満たすソリューションを打ち出してきました。これらのトルコ企業は、独自の設計開発から国内生産、近代化から改良、そしてR&Dから国際的プロジェクトまで、防衛および航空宇宙セクターの多くの重要な領域で業務を行っています。

 

国内防衛産業のインフラを確立する間も、多くの国や国際的な舞台で認められている企業との協力と共同生産を目指してきました。このお陰で、戦艦MİLGEM ALTAY主力戦車、攻撃ヘリコプター、そして無人航空機 (UAV) など多くの防衛プロジェクトが実現し、国家防衛産業がこれを無事にこなしてきました。この初期の経験を土台としてトルコは、ANKA UAVHÜRKUŞ 地上攻撃用飛行機、GÖKTÜRK 衛星、軽量ユーティリティーヘリコプター、そしてジェット戦闘機と、さらに独自のプロジェクトに着手してきました。加えて、いくつかのサブシステムと技術開発プロジェクトがそれらプログラムのサポートを開始しています。今日、開発した多くの独自プロジェクトに参加したことが助けとなり、トルコの防衛産業は、その能力、品質、そして熟練度の点において、非常に成熟していると言えます。トルコの防衛産業はトルコ軍と、競争の激しい国際防衛市場で知られるプレイヤー両方のニーズを満たしています。今後、重要な国家的防衛プロジェクトが終了するたびに、同産業の国内外市場でのシェアは拡大していくことでしょう。

 

トルコは世界最大の防衛費支出国の一つです。トルコの2016年度防衛支出額(150億米ドル)は、世界で17番目に巨額の防衛予算となっています。防衛産業の取引高はこの十年間で倍増し、2016年末までに60億米ドルに達しました。ここ十年間におけるトルコの航空宇宙および防衛部門の能力開発と並行して、トルコ企業の輸出額および国際協力の機会が増えました。同業界の輸出額は、2007年の6億米ドルから、2016年には20億米ドルにまで増加しました。発達し熟練した生産能力により、同業界の受注は2016年には120億ドルに達しました。

 

何年もの間、トルコは民間航空事業の理想的な場所としても注目されています。航空機の乗客数は、2004年の3,400万人から、2017年には19,300万人に増加しました。2003年から2016年の間に、民間航空機数は626機から1,417機に、航空機団数は162から540に増加しました。同期間中、民間航空機の取引高は22億米ドルから200億米ドルに増加しました。トルコは民間航空のハブとして位置づけられようとしています。イスタンブールに建設中の新空港が完成すれば、世界最大の空港となり、年間2億人の旅客数と、350近い場所への飛行が可能となります。