Skip navigation links
エネルギーおよび再生可能性
ビジネスサービス
化学製品
観光
機械製品
金融
鉱業と金属
自動車
情報通信技術
生命科学
農業・食品
不動産
輸送と物流
このページを印刷プレビューページです。
ここをクリックし、ページに戻ります。
ページを印刷
 

鉱業と金属 

トルコの鉱業、金属セクターは、国​​の活発な経済と並行して成長してきました。アルプスから南東ヨーロッパへ、そしてトルコ、小コーカサス山脈、イラン、そしてヒマラヤから中国へ広がるオフィオライトのテチス-ユーラシア鉱床生成ベルトの広大な西側部分一体を抱えるトルコは、鉱業投資家に対して実績のある可能性を提供してきました。この鉱床生成ベルトの中でもほとんど開発が行われていない地域であるため、トルコは鉱物の採掘に関わる企業にとって、非常に将来性のある地域として傑出しています。トルコにおける鉱業は、主に露天採掘に限られており、これは地下堀への大きな可能性が海外の投資家を待ち構えていることを意味します。

 

ここに、トルコの鉱業ならびに金属セクターに関する重要なデータを数値をご紹介します。

 

  • このセクターの総生産額は2015年の245億米ドルに急増しました。
  • トルコの若く、活力に満ちた高学歴の労働力は、質の高い労働人口を提供します。
  • トルコには38都市に53の鉱業エンジニアリング部門があります。トルコの鉱山技術者の数は、2005年以来50パーセント増加し、現在35,000人に達しています。そして2016年には、新たな鉱業技術者として1,200人がその人材プールに加わりました。
  • 鉱業セクターの企業にとってトルコの利点は、質の高い労働力だけでなく、比較的低いロジスティックスと掘削のコスト、主要市場に近い所にあること、有利な政府のインセンティブ、そして非常に競争力の高い税金が含まれます。
  • その驚くべき経済成長、長期の政治的安定、構造改革、そして政府機関による支援の結果、トルコは2015年に鉱業へのFDI14,900万米ドル、そして鉱業セクターの輸出総額は2016年に35億米ドルに達しています。
  • これらの数値は、トルコへの投資家の関心が高まっている証拠であり、今日までにトルコは2004年のたった138社から、790社の国際的鉱業会社を迎えています。

 

トルコの地域的投資インセンティブシステムは、降順パターンで地域の開発レベルに基づいた16の範囲で地域を区分し、最も開発が遅れている地域に地域区分6が与えられています。 このシステムでは、まだ開発が進んでいない地域に対して最も有利なインセンティブが与えられています。鉱業はこのスキームの例外の一つであり、投資場所に関係なく、鉱業セクターは地域区分5に与えられているインセンティブで支援されます。