Skip navigation links
3M
Albaraka Turk
Avanti
BASF
BNP Paribas
Bosch
Cargill
Citibank
Coca-Cola
Delivery Hero
DHL
Ericsson
Ford
GE
GSK
Hitachi
Huawei
Hyundai
ICBC
Intel
Kuveyt Turk
MAN
MANGO
Microsoft
Nestlé
NGN
Novartis
Pfizer
Pirelli
Schneider Electric
Shell
Siemens
Toyota
UniCredit
Unilever
UPS
このページを印刷プレビューページです。
ここをクリックし、ページに戻ります。
ページを印刷

Cargill 

 

カーギルは、食品、農業、金融、および工業製品とサービスを専門とする国際的なメーカーであり、販売も行なっています。1865年に創業されたこの民間企業では、70ヵ国で150,000名以上の従業員が働いています。世界的なプレゼンスを通じて、カーギルは、安全で責任ある持続可能な方法で、世界に食糧を提供するこの分野でのリーダー企業になることを目指しています。

 

Cargill Turkey

 

カーギルは、現地でのパートナシップ合意を通じて、1960年からトルコで事業を行なってきました。この企業はカーギルとして1986年から取引を開始し、現在では、イスタンブール、ブルサ、アダナ、アンカラ、バルケシル、コジャエリ、イズミルとトルコの7つの拠点で600名の従業員を擁しています。

 

Cargill Turkeyの本社は1992年イスタンブールにオープンしました。商業的再編後の2014年、Cargill Foods Turkeyは中東、トルコ、そして北アフリカ(METNA)地域の顧客を対象に業務を開始しました。現在、カーギルのイスタンブール事務所は、METNA地域の主要な地域拠点として、ドバイ、カサブランカ、カイロ、そしてアルジェリアの事業所を統括しています。

 

生産および商業活動

 

今日カーギルは、トルコにおける食品産業の主要な企業として、特に澱粉や甘味料の分野で強力な地位を築いています。例えば、カーギルのバルサ-オランガジ工場は、澱粉と甘味料に特化した食品産業の数多くの分野でサプライヤーの役割を果たしています。2014年のカーギルによるバルケシルのTuryağ社の買収は、同社のトルコ食用油脂市場への参入を示すものです。この買収によりカーギルは、顧客に油脂調達のさらなる機会を提供するとともに、中東、北アフリカ、そしてトルコにおける長期的な事業開発の見通しを強化しました。

 

同年、カーギルはゲブゼ-イズミットにある油脂化学製品メーカー Alemdar Kimyaを買収しました。Alemdar Kimyaの工場では現在、工業用澱粉と工業用油の2つの製品グループで、再生が難しい材料の置き換え、またはこれを相殺するように作られた再生可能な原材料からなる製品をますます数多く生産しています。

 

研究開発および品質

 

カーギルは、トルコの食品規則と食品安全の基準に従うとともに、閉鎖的なシステムの中で、人間の接触なく生産活動を実施しています。Cargill METNAは、ISO 22000ISO 14001およびOHSAS品質基準に準拠した業務を維持するとともに、全工場で業界規制を満たしています。

環境およびエネルギー

 

カーギルのブルサ工場とバルケシル工場では、大幅な再生可能生産と効率化のプロジェクトに着手しました。ブルサ工場は、エネルギー天然資源省による省エネルギー産業施設賞を受賞しています。一方、バルケシル工場は2017年にCO2排出量を50%削減しました。カーギルは、環境、エネルギー、そして水資源の保護を支援するための投資を継続することを目指しています。

 

企業の社会的責任

 

カーギルは、地域に存在する環境問題だけでなく、人々の教育と幸福をも重視しています。会社の創業以来、カーギルは独自の社会的責任に関するプロジェクトを展開してきました。加えて、カーギルは数々の非政府組織と密接に協力して、社会的責任やボランティア活動のプロジェクトを展開しています。