Skip navigation links
3M
Albaraka Turk
Avanti
BASF
BNP Paribas
Bosch
Cargill
Citibank
Coca-Cola
Delivery Hero
DHL
Ericsson
Ford
GE
GSK
Hitachi
Huawei
Hyundai
ICBC
Intel
Kuveyt Turk
MAN
MANGO
Microsoft
Nestlé
NGN
Novartis
Pfizer
Pirelli
Schneider Electric
Shell
Siemens
Toyota
UniCredit
Unilever
UPS
このページを印刷プレビューページです。
ここをクリックし、ページに戻ります。
ページを印刷

Coca-Cola 

 

Coca-ColaİçecekCCI)は、販売本数でコカ・コーラの世界的な生産システムの中でも第5位のボトラーです。CCIのコア事業は、コカ・コーラ社の炭酸飲料と非炭酸飲料の製造、販売、そして流通です。トルコ、パキスタン、カザフスタン、アゼルバイジャン、キルギスタン、トルクメニスタン、ヨルダン、イラク、シリア、タジキスタンで1万人近くの従業員を雇用しています。

 

CCIには合計で25ヶ所の工場があり、38,000万人を超える顧客ベースに幅広い飲料を提供しています。炭酸飲料に加えて、ジュース、水、スポーツならびにエナジードリンク、そしてアイスティーなどがその製品ポートフォリオにあります。CCIは、一般的に一人当たりの消費量が低く、GDPの成長、そして非常に魅力的な地理的な条件を特徴とする成長市場で事業を行なっています。

 

2005年後半のEfes Investの買収に続き、それまでのトルコにおけるボトリング活動のみの事業から、地域の飲料企業に進化しました。この時期、地理的な広がりと投資を急速に拡大する一方で、CCIは絶え間なく生産量の増加も記録しています。この成長を支援するため、CCIは過去10年間にトルコで10億米ドルの投資を行いました。同国は依然としてCCIの最大の市場であり、CCIの全販売量の半分を占めています。

 

CCIの成功は2025年ビジョンと並んで、優れた組織、ビジネスのリーダーシップ、そしてこれまでに行われた投資に付随する重要性に直接関連しています。

 

CCIBorsa IstanbulBIST)のIPOは成功裏に20065月に完了しました。IPOには、国内外の投資家から熱狂的な反応があり、11倍の超過応募となりました。

 

今日、CCI10ヵ国で事業を行い、その持続可能なビジネスモデルで地域の先駆者となっています。CCIは、そのビジネスの各段階で、生産性、革新性、そして継続した改善に努力しています。2007年には、CCIGlobal Reporting InitiativeGRI)が認定する企業の社会的責任(CSR)レポートを発行するトルコで最初の企業となり、そこでCCIは明確かつ包括的にその社会、環境、そして経済への影響を開示しています。CCIは、最新のGRI G4ガイドラインに従って2013年のレポートを発行し、国連グローバル・コンパクトによるGC 100 indexに上場するトルコ、そしてコカ・コーラシステムの中でも最初で唯一の企業となりました。CCI3.2.1 Move!社会的責任プログラムは、事業を行う国々の若者に健康的な生活習慣を身につけてもらうことを目的としており、これまでに115,000名を超える若者を対象にして行なってきました。

 

CCIは、トルコの農業生産者にとって最も重要な顧客の一つです。果物と砂糖などの農産物を買い上げることで農家に収入をもたらし、これらはその製品の原材料として使用されます。

 

CCIは、農業セクターに68,500万トルコリラ、そして小売セクターには25億トルコリラの付加価値を生み出しています。

 

CCIは、異なるセクターの他のビジネスの成長も支援しています。冷蔵産業の最大の顧客の一つであり、このセクターの成長に非常に重要な役割を果たしています。

 

Coca-Cola İçecekは、総年間売り上げ70億トルコリラ、12億ユニットケースの総販売数を誇り、最高の品質の製品を提供することで継続して数億人もの顧客の生活に幸福をもたらしています。