Skip navigation links
3M
Albaraka Turk
Avanti
BASF
BNP Paribas
Bosch
Cargill
Citibank
Coca-Cola
Delivery Hero
DHL
Ericsson
Ford
GE
GSK
Hitachi
Huawei
Hyundai
ICBC
Intel
Kuveyt Turk
MAN
MANGO
Microsoft
Nestlé
NGN
Novartis
Pfizer
Pirelli
Schneider Electric
Shell
Siemens
Toyota
UniCredit
Unilever
UPS
このページを印刷プレビューページです。
ここをクリックし、ページに戻ります。
ページを印刷

GSK 

 

グラクソ・スミスクライン(GSK)は、医薬品、ワクチン、コンシューマーヘルスの分野で10万人以上の従業員を擁し、115カ国で事業を展開しています。人々がより多くの活動を行い、快適に暮らし、長く生きるのに役立つことを約束したGSKの伝統は、18世紀 にまでさかのぼります。GSKは、従来の医薬品と革新的な医薬品およびワクチンの両方の強力なポートフォリオによって特徴づけられる英国に本拠を置く企業です。同社は、科学的研究と革新的な製品でノーベル医学賞を5回授与されました。GSKは毎年売上の10%を研究開発に割り当てています。

 

また、世界166カ国で毎日230万回分のワクチンを提供しています。さらに、ワクチンで予防可能な30の病気のうち22件を41のワクチンで保護し、HIV、呼吸器感染症、マラリアなどの重要な分野の重要な分野で、現在研究開発中の14種の候補ワクチンによる予防的治療サービスを提供しています。世界の5人の子供のうち2人が少なくとも1つのGSKワクチンの予防接種を受けています。GSKは2024年までに、ワクチン接種が限られている低開発国での8億5000万回分のワクチン接種により、3億人の子供たちを肺炎、ロタウイルス、ポリオなどの病気から守ることを約束しています。GSKは過去50年間にユニセフに160億回のポリオワクチン接種を行ってきました。

 

トルコでは、GSKはワクチン、呼吸器感染症、HIVなど7つの治療領域で活動しています。GSKは、60年にわたりトルコの健康的な生活に貢献するために、人生のあらゆる段階での健康と福祉のビジョンを掲げて取り組んでいます。トルコは投資センターとしても投資拠点としてもGSKにとって非常に重要です。GSKの3つの、すなわち医薬品、コンシューマーヘルス、サプライチェーンの地域管理拠点はイスタンブールにあります。ロシア、エジプト、サウジアラビアを含む8000人の従業員を擁する17カ国の管理は、イスタンブールで担っています。一方、イスタンブールを中心としたサプライチェーン拠点では、約10億箱の製品について需要予測、供給計画、サプライチェーン管理が行われています。

 

GSKは、2016年に医薬品のローカリゼーションプロジェクトを開始する前に、2つの現地製造パートナーと共同で31製品の現地生産を開始し、それによりトルコ最大の抗生物質ポートフォリオのローカライズを確保しました。GSKは、3000万 英ポンド 以上の投資の実現により現地の製造パートナー数を2から4に増やすことで、トルコの地元製造配分を46%から72%に増やす計画です。

 

GSKは、トルコ製薬業界におけるローカリゼーションの取り組みを促進する環境への投資を推進しています。GSKは、呼吸器治療に使用されるネブライザ技術、HIV分野の特許製品の製造をトルコへ移転するために、2018年に2 500万英ポンド の投資をして現地パートナーとの製造協力を開始しました。

 

GSKトルコは、ワクチン分野のGSKのノウハウと技術をトルコにもたらすため、2010年にハジェテペ大学テクノポリスと協力してワクチン臨床研究センター(AKAM)を設立しました。この取り組みの一環として、GSKは2013年にトルコで最も包括的なワクチン製造施設の建設を開始しました。今日、トルコのワクチン臨床研究の37%がAKAMで実施されており、IDOLと協力して設立され、1,650万回の生産能力を持つ製造施設の90%がすでに完成しています。この施設が稼動すると、12種類のワクチンをトルコ国内で製造することが可能になります。

 

GSKは、医療ソリューションだけでなく社会的責任プロジェクトにおいてもトルコの将来に貢献することで、2013年から約10万人の若者の健康リテラシー訓練に貢献してきましたが、これは「健康な青少年運動」プロジェクトを通じてコミュニティボランティア財団と協力して行われたものです。