Skip navigation links
3M
Albaraka Turk
Avanti
BASF
BNP Paribas
Bosch
Cargill
Citibank
Coca-Cola
Delivery Hero
DHL
Ericsson
Ford
GE
GSK
Hitachi
Huawei
Hyundai
ICBC
Intel
Kuveyt Turk
MAN
MANGO
Microsoft
Nestlé
NGN
Novartis
Pfizer
Pirelli
Schneider Electric
Shell
Siemens
Toyota
UniCredit
Unilever
UPS
このページを印刷プレビューページです。
ここをクリックし、ページに戻ります。
ページを印刷

Microsoft 

 
マイクロソフト トルコは、「IT テクノロジーによりトルコを発展させる」というビジョンで、6人の先駆者により1993年にその運営を開始し400人以上の社員とともに運営を継続しています。 79か国から成るマイクロソフト MEA (中東およびアフリカ)の中心としてもマイクロソフト トルコは、11,000社を超える事業パートナーから成るエコシステムで国の生産性および雇用へ大きな貢献を果たしています。

 

マイクロソフトは、トルコが IT 部門における投資家にとって最も魅力的な場所であることを確信しています。 情報を消費するだけなく、情報をつくり出す社会へと変えることを目標とし、活動するマイクロソフト トルコは、多くのプロジェクトや投資を行っています。

 

マイクロソフト トルコは、世界的なスケールでマイクロソフトに慎重に監視されている活動とともに特別なポジションに位置しています。 2006年マイクロソフト社の会長であるビル・ゲイツの訪問に続き、マイクロソフト トルコは、2007年における世界最大のポテンシャルを持つ5か国の支店としてみなされました。

 

また、同年マイクロソフト本社役員のジャンフィリップ・クルトワによる、「マイクロソフトはトルコを愛し、信じています。そして、トルコも同様、マイクロソフトを愛し、信じています。」というメッセージは、トルコ投資促進機構の総裁との協力で、イスラエル、ロシア、スペイン、インド、ドイツ、フランス、アメリカなど多くの発展した経済をもつ国々でに宣伝を通して伝えられ、投資家の注目がトルコに向けられました。

 

発展途上市場において2010年および2012年の期間、非常に優れた業績を見せたマイクロソフト トルコは、中国、ブラジル、およびロシアなどの国々を追い抜き、 過去4年間で3度も「カントリー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれました。 この成功は、トルコのポテンシャルを示し、マイクロソフト トルコが雇用するマイクロソフト社会全域の4万人は、トルコのさらなる発展と成長のために忠実に働いています。 マイクロソフト トルコは、顧客と社員の満足、経済に対する付加価値、市場加速度、優れたコーポレート シチズンシップにおいて優れた業績を持つためこのアワードにふさわしいといえるでしょう。

 

速い成長率、企業および SME 顧客の満足指数、効率的な戦略の開発、顧客満足、およびトルコの IT 部門および経済の発展への貢献、などの項目において行われる評価は、2023年までに世界最大の経済国上位10位にランクインするという国の目標に対し、マイクロソフト トルコにより付加された重要性を最大に示すこととなります。「カントリー・オブ・ザ・イヤー」として選ばれることの主な利点は、より多くのソースがトルコへ移行されることです。

 

マイクロソフト トルコは、情報を通じて企業の効率および競争力を高めるピアツーピアのソリューションを企業レベルで提供しています。 これにより、中小企業 (SME) における情報を広範囲に使用することを可能にしています。 マイクロソフト トルコは、テクノロジーがどのように使用され、企業がこれらのソリューションを通して競争力および持続性を高めることができるのかという重要性を中小企業に伝えるためにトルコ全域をわたっています。よって、 EU の適応過程において、これら中小企業の増強に貢献しているというわけです。

 

企業へソリューションを提供することに加え、マイクロソフト トルコのエコシステムは、長所、ノウハウ、そしてマイクロソフトの経験を通して成長しています。 2007年、IDC (インターナショナル データ コーポレーション) により行われたグローバル リサーチによると、革新的なテクノロジーとソフトウェアを持つマイクロソフトは、トルコで得た収益1トルコリラに対し14.75トルコリラを国内付加価値利益を事業パートナーに提供しています。 よって、150,000を超えるトルコの人々がマイクロソフト テクノロジー関連の事業に雇用されているといえます。

 

個人および企業が情報力で競争することにより成長することを可能にするだけでなく、マイクロソフト トルコは、新しい事業分野も促進しています。

 

マイクロソフト トルコは、ヨーロッパ連合による2000年のリスボン戦略の一部として考案された情報社会へヨーロッパを変えるための資金を中小企業に紹介するイニチアチブとして、EUGA (ヨーロッパ連合グランツ アドバイザー) を取り入れ始めました。

 

人材において成功したこのプログラムにより、マイクロソフトは2006年にヨーロッパにおいて共にビジネスを行う会社としてトップ10にランクインし、ヒューイット・アソシエイツによる研究に基づきトルコおよび地域で「ザ・ベスト・ワークプレイス」と称されました。 また、マイクロソフト・トルコは2013 年、「働きがいのある会社(Great Place To Work)」により「ベスト・カンパニー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれています。マイクロソフト EMEA および企業人材ディレクターがトルコ支店を訪問し、その他の国々におけるマイクロソフト支店の手本となる「ベスト・プラクティス」としての活動を見受けました。

 

今日、人材アプリケーションに関してマイクロソフト トルコは、複数の出版に並びキャピタル マガジンによる「ベスト・カンパニー」のリストでの地位を維持しています。

 

トルコにおいて社会責任という分野においても成功を収める企業のマイクロソフト トルコは、さまざまなプロジェクトに大きな貢献を果たしています。 このフレームワークで、コンピューター知識を増加させることに最大に努め、社会全体が情報の利点から利益を生み出すことを可能にしています。

 

20111月に開始されたオープン アカデミーは、公立、オンライン、そして無料のトルコ初のアプリケーション開発学校となりました。 トルコの若く活動的な IT ユーザーをアプリケーション開発者に養成することに焦点を合わせたオープン アカデミーは、トルコに必要なアプリケーション開発者を増やし、アプリケーション市場を拡張するため、つまり若者の雇用をサポートするためにつくられました。 オープン アカデミーには3つの異なるレベルの過程があり、アプリケーション開発入門、ソフトウェアトレーニング、本格的なアプリケーション開発で構成されています。 オープン アカデミー練習生は、数百万人の人々へアピールできるマイクロソフト プラットフォームのアプリケーションおよびソフトウェアを開発することができます。 レベルを終了した練習生は、参加証明書を受けることができます。 オープン アカデミーへの参加者数は、すでに130,000人を超えています。 また、これまでのオープン アカデミーの卒業生数は、3,000人にまで達しています。 トルコの多くの大学における学生数を超えるオープン アカデミーは、巨大なキャンパスへ移行し、成長を続けています。

 

マイクロソフトは、トルコを含む100か国以上において次の3年で3億人の若者へチャンスをもたらすことを目的としたマイクロソフト ユーススパーク (YouthSpark) と呼ばれる新しい国際的イニチアチブを開始しました。 マイクロソフト ユーススパークの下、多くのグローバル プログラムは若者に、よりよい教育を得ること、アイデアを実行に移すこと、テクノロジーにより与えられたチャンスを最大限に利用することを可能にする環境をもたらしています。

 

「コンピューター技術を者、知らない者」と称されたプロジェクトのスコープ内で、トルコの若者に対するマイクロソフト トルコのトレーニングの別のプロジェクトは、1,200人の指導者により79都市で150,000人を対象に行われました。 今まで25の情報アカデミックがトルコで開かれ、現在もサービスを提供しています。 800世帯の1,500人の子供たちは、情報社会でのファミリー セミナーのスコープ内で安全なインターネットの利用に関する情報を受けています。

 

また、マイクロソフト トルコは、70組織以上の非政府組織が参加する NGO 会議を設け、ソフトウェア寄付プログラムの下、50以上の財団および協会にソフトウェアを寄付しています。 また、多くの大学にもソフトウェアを寄付しています。 マイクロソフト トルコは、イノベーティブ ティーチャー プロジェクトの一部として数千人の教師のコンピュータ知識を向上させるために教育省 (MEB) とともに総合的なプログラムも運営しています。 このプロジェクトでは、550,000人以上の教師が MEB データベースに登録されています。

 

マイクロソフト トルコは、国内の IT 経済および 起業者経済の発展にも努めています。 2009年マイクロソフト CEOスティーブ・バルマーにより開設されたマイクロソフト イノベーション センターは、世界でもその他のセンターに比べ非常に特別な地位を築きました。 ヨーロッパにおける4施設のマイクロソフトの研究開発センターのひとつは2011年、トルコのコチ大学で依頼されました。また、ゲームを開発するためのアプリケーション・ソフトウェア開発は、2012年に ATOM と行われた合同プロジェクトに従い、トルコでサポートされました。

 

マイクロソフト トルコは、BizSparkDreamSpark、および WebsiteSparkなどの革新的で企業家的な精神と同様、若者の真のポテンシャルを達成するための促進を行う技術でトルコの若者をサポートしています。 このスコープ内で、550社の企業家的ソフトウェア会社および1,200人のソフトウェア開発メンバーは、BizSpark プログラムを通して支援され、一方で460社のウェブ デザイン企業および850人のウェブ デザイナーのメンバーが WebsiteSpark プログラムを通して支援されています。

 

マイクロソフト トルコは、増加し幅広いコンピューターの用途を提供することを目的とした様々なプロジェクトを完成させること、デジタル デバイドをもたらすこと、すべての人々に平等なチャンスを提供すること、そして中小企業がより効率的なリソース管理および競争に技術的なチャンスをより多く利用することで企業市民の責任を満たすことに全力を注いでいます。

関連ビデオ