Skip navigation links
3M
Albaraka Turk
Avanti
BASF
BNP Paribas
Bosch
Cargill
Citibank
Coca-Cola
Delivery Hero
DHL
Ericsson
Ford
GE
GSK
Hitachi
Huawei
Hyundai
ICBC
Intel
Kuveyt Turk
MAN
MANGO
Microsoft
Nestlé
NGN
Novartis
Pfizer
Pirelli
Schneider Electric
Shell
Siemens
Toyota
UniCredit
Unilever
UPS
このページを印刷プレビューページです。
ここをクリックし、ページに戻ります。
ページを印刷

Schneider Electric 

 

シュナイダー エレクトリックは1836年に開業して以来、エネルギーマネジメントの国際的なエキスパートになりました。 鉄鋼業から始まった事業は、19世紀には重工業および造船部門、そして20世紀にはエレクトリックおよびオートメーション マネジメントへと転換しました。

 

シュナイダー エレクトリックは、エネルギーマネジメントとオートメーションにおける世界的なスペシャリストであり、世界100カ国以上で事業を行っています。同社は複数のマーケットにおける統合ソリューションを提供しており、特に非住宅、住宅建物、産業ならびに機械製造業者、公共設備およびインフラ、およびデータセンターおよびネットワークなどの分野で、主要な位置を占めています。シュナイダーは安全性、信頼性、効率性、生産性、そしてグリーンエネルギーに重点を置き、グループは、個人ならびに組織がエネルギーを最大限に活用できるよう手助けすることに努め、2014年には従業員170,000名、収益250億ユーロに達しました。

 

シュナイダー エレクトリックはトルコにおいて 160年以上事業活動を営み、オスマン帝国海軍への重工業製品の供給が初の商業活動となります。また、1975年には、単一の販売店にてテレメカニックの販売を開始しました。続いて、1978年には Emek に対するライセンスを取得し、メランジェランの中電圧ブレーカーを生産しました。 テレメカニックが1987年にトルコで活動を始め、メランジェランが1988年に Emek を買収した際、低電圧製品を販売するディーラーネットワークを築き、トルコにおける投資の勢いが増しました。 イズミル ケマルパシャ (Kemalpaşa) の中電圧製品工場は、1997年に拡張し、1999年に同社の国際生産センターとなりました。2000年レクセルに買収されたメテサン (Metesan) は、シュナイダー エレクトリックトルコと4年間にわたり提携し、その後2006年に統合を終えました。ケーブル管路生産業者の PKS を買収後、2009年に73,000平方メートルの工場に投資を始め、その後、同工場で中電圧製品およびブレーカーの製造を行っています。 マニサにおける新しい工場への投資に続き、同年アレヴァの中電圧製品の流通を引き継ぎ、5 番目の国際的なビジネス分野としてエネルギー部門を設立しました。 2013年現在、シュナイダー エレクトリックは、1年半の過程を経て、リアルタイム インフォメーション テクノロジーソリューションおよび情報プロバイダーであるテルベント (Telvent) と合併しました。

 

また、シュナイダー エレクトリックはイズミル県チグリ、コジャエリ県ゲブゼそしてマニサで2,000人を雇用し、200店のディーラーおよびパートナーを擁し、18店のセールス オフィスそして3施設の生産工場を設け、トルコ経済と雇用に貢献し続けています。コジャエリにある変圧器工場は、世界中のシュナイダーエレクトリックの建物の中で初めて、再生可能なクリーンエネルギーを促進している建物の認証である「LEEDゴールド」を受け、またマニサにある工場はトルコで初めて、サステイナビリティを示す「BREEAM-in-Use」認証を受けています。