Skip navigation links
3M
Albaraka Turk
Avanti
BASF
BNP Paribas
Bosch
Cargill
Citibank
Coca-Cola
Delivery Hero
DHL
Ericsson
Ford
GE
GSK
Hitachi
Huawei
Hyundai
ICBC
Intel
Kuveyt Turk
MAN
MANGO
Microsoft
Nestlé
NGN
Novartis
Pfizer
Pirelli
Schneider Electric
Shell
Siemens
Toyota
UniCredit
Unilever
UPS
このページを印刷プレビューページです。
ここをクリックし、ページに戻ります。
ページを印刷

Siemens 

 

1847年、ウェルナー・フォン・ジーメンスがドイツで創業したシーメンスは、トルコにおける事業をオスマン帝国が電信システムを導入する決定を行って間もなく開始しました。当時シーメンス ハルスケ社と名付けられたその会社のトルコにおける最初のプロジェクトは、イスタンブール電信センターを設立でした。シーメンスの投資はその後も続き、電話用施設の建設は戦時中も継続されました。

 

シーメンスは電気を都市生活の一部としました。トルコ社会はシーメンスが提供する電気、電信電話通信、街灯などのサービスを享受してきました。トルコにおける電信電話の分野でのシーメンスの存在は、1950年代にPTTTurkish post officeと共に請け負い、1960年に完了したテレックスプロジェクトから始まりました。

 

こうしてシーメンスはコチ グループと協力して 1959 年にシムコ社を設立し、実際、トルコの発展に貢献することになりました。シムコは、1961 年に初めての自社工場をイスタンブールのカルタルに建設しています。 以来、シムコ社急成長を遂げ、トルコの急速な工業化に極めて大きな役割を果たしました。

 

1986年、シーメンスはボスポラス橋に光ケーブルを敷設しました。1990年、シーメンスはトルコのGSM 業界でも最も強力なインフラプロバイダーとなりました。同年、トルコで初のISO 9001 品質マネジメントシステム認証を取得し、同社の環境に優しい慣習は、 1995年にISO 環境マネジメントシステムの認証を受けました。

 

2001 年には、シムコ社の全株式をシーメンスが取得し、社名をシーメンスSanayi ve Ticaret A.S. Siemens、またの名をSiemens Turkeyとしました。同社は、イスタンブールのカルタルにある敷地面積 90,000 万平方メートル、ゲブゼの施設は、150,000平方メーチルの敷地にあります。ゲブゼの施設は、トルコで初めて LEED (エネルギーと環境設計のリーダーシップ) ゴールド認定を受けています。

 

シーメンスは、エネルギー、インフラ、電化、自動化、デジタル化、そして医療の分野でトルコに数多くの革新的技術をトルコに導入する第一人者でした。161年間に築き上げて来た経験と知識を活用して、今日のSiemens TurkeyIndustry 4.0 イニシアチブで国を導いています。現在の従業員数は3,000人以上、そしてSiemens Turkeyの間接的な雇用数は40,000人に上ります。

 

研究開発に重点的に投資を行うシーメンスは、トルコで14番目となる研究開発センターを開設しました。Siemens Turkey2015年に研究開発に行った約6,000万トルコリラの投資は、同国平均の1.6倍にあたります。

 

社会貢献を非常に重視するSiemens Turkeyは、18年の歴史があるシーメンス オペラ コンテストから、ロボティッククラブ、奨学金、寄付、そして難民プロジェクトなど、数々の企業の社会的責任ならびに持続可能性プロジェクトを実施しています。