Skip navigation links
ISPAT について
総裁からのメッセージ
このページを印刷プレビューページです。
ここをクリックし、ページに戻ります。
ページを印刷

総裁からのメッセージ 

INVEST IN TURKEY - 当エージェンシー
 

今やトルコ史上、画期的な時代を迎えました。 2002年から2015年まで年平均 GDP 成長率 6 % を維持し、好景気が続くトルコには非常に大きな可能性があり、外国人投資家にとって投資機会は無数に存在します。専門家らによると、こうした傾向は今後も続くものと予想されます。トルコは今後 10 年間で経済大国トップ 10 入りを目指し、積極的に取り組んでいます」

 

適切な時期に、適切な場所で!

 

トルコは過去 10 年間に大規模な構造変化を経験し、多くの専門家が大変貌の時代と呼ぶ新時代に突入しました。抜本的な改革は常に新たな機会を生み出します。

 

EU諸国が注目し、地域でも確固たる地位を築いたトルコは、今や近隣諸国のみならずより広い地域で一層重要な役割を担っています。トルコはG-20 の活発なメンバーであり、北大西洋条約機構 (NATO)欧州評議会 (COE)、イスラム協力機構 (OIC)、のメンバーでもあります。

 

また、2005 10 月に開始されたトルコの EU 加盟交渉の実現においても、トルコの現状を変える契機となりました。トルコは新たな戦略目標を設定し、コペンハーゲン基準とマーストリヒト基準による政治的、経済的条件を満たすために、様々な施策を一つの方向性に統合してきました。一方、2003 年に開始された構造改革により、トルコは革新的でダイナミックな国となり、国際社会の一員としてのトルコの役割も一層重要性を増してきました。

 

今やトルコ史上、画期的な時代を迎えました。10 年以上平均 GDP 年間成長率 6% を維持し、好景気が続くトルコは機会に溢れた国です。この過去10年間で、GDP は米ドル換算で3倍にもなり、2015年には8,600億米ドルにも達しています。このすばらしい経済成長こそが、トルコが地域のパワーハウスとなった理由です。また、トルコはヨーロッパ最大の商用自動車の製造国となり、世界では16位の自動車製造規模を誇ります。そして、鉄製造においては EU 27か国で2位、世界では8位という位置さえ築いています。こんにちトルコは、自動車、機械、鉱業、再生可能エネルギー、不動産、金融、ICT、農業、化学製品、石油化学製品、鉄鋼、などのさまざまな部門において有利な投資機会に恵まれています。

 

トルコの経済力も過去 10 年間に大幅に向上し、2015年の購買力平価における GDP では現在、世界で 17 番目、EU 27 か国との比較では 6 番目の経済規模を誇っています。過去10年間における国の優れた経済により、専門家や国際機関がトルコ経済の将来について信頼性をもつ予測をたてられるようになりました。

 

トルコは過去 10 年間にわたり、投資環境改善に必要な施策を積極的に推進してきました。トルコの投資環境を改善し、外国人投資家を引きつけるために重要な経済改革を断行してきましたが、その発端となったのが2003 年に議会で可決されたFDI 法でした。同法は、国内外を問わずすべての投資家が平等な扱いを受けることを保証するものであり、これにより、外国人投資家はすべて、事前に許可を得ることなくトルコ市場に参入する、配当金を自由に (外国等に) 送金する、不動産を取得する、収奪から保護される、外国人を雇用するといった権利を得ることになりました。また、法人税についても、33% から業種を問わず一律 20% に引き下げられました。さらに、国際仲裁裁判所による仲裁を受け入れる、トルコ国内法と EU 法規との整合性を図るといった取り組みにより、トルコは FDI の法的枠組みでも投資環境でも、世界で最もリベラルな国のひとつとなりました。

 

このように共通の目標に向かって取り組んだ結果、トルコは経済面でも優れた成果を実現しました。実際、こうした抜本的な構造改革により、過去数年間で対トルコ FDI が大幅に増加しました。1992 年から 2002 年に年平均約 10 億米ドルだった FDI 額が 2003 年以降では年平均約 125 億米ドル以上もの FDI を引き付けています。。

 

優れた発展を遂げたトルコの現状は、10 年前と現在とでは全く違った様相を呈しています。実際、建国 100 周年を迎える 2023 年までに大きな変化が期待されます。トルコ政府は 2023 年までに達成すべき意欲的な目標を掲げています。トルコは一層の繁栄を享受し、より高い付加価値を生み出し、国際社会に、そして世界の平和と人類の福祉に多大な貢献をすることになるでしょう。世界規模で活発なトルコは、特に周辺地域の諸国などのほかの国で新たな機会から利益を生み出すためのプラットフォームを投資家に提供しています。トルコの戦略的立地条件は、15億人という人口、総 GDP 25兆米ドル、そして8兆米ドルの外国貿易など、可能性のある市場へのアクセスを投資家に与えることが可能となっています。

 

過去 10 年にわたり事業環境の改善、投資家にやさしい環境整備に取り組んできたトルコは、国内外の投資家から多額の投資を受けることになりました。格付けも引き上げられ、今やトルコが本来持っている真の可能性を発揮すべき時です。すなわち、雇用創出、新技術、そして新たな展望に貢献する投資家を引きつける国になることです。

 

今こそ、適切な時期に、適切な場所で投資を

 

Arda ERMUT

 総裁