Skip navigation links
事実と数字
トルコで暮らす
このページを印刷プレビューページです。
ここをクリックし、ページに戻ります。
ページを印刷
 

トルコで暮らす 

仕事や、退職後の心の平穏を求めて新しい生活を始めるため、世界各地からますます多くの人々がトルコにやって来ます。この国はこの14年間に劇的な成長を遂げ、特定分野での進歩の速度は驚くばかりです。

 

ユニークな地理的な位置と豊かで多様な歴史が組み合わさる、多くの異なる文明の中心に位置するトルコは、駐在員とその家族が生活する上で特別な場所です。

 

トルコの新しい住民の多くは、英国、ドイツ、アイルランド、デンマーク、オランダ、ノルウェー、オーストリア、ベルギー、フランス、米国、そしていくつかの湾岸諸国からやってきた人たちです。相互主義を撤廃したトルコの財産法改正のお陰で、外国人の住宅購入者や投資家は今、トルコで自由に不動産を購入できます。

 

都市の中心部にあるマンションから、郊外の大邸宅まで、トルコで住宅を探す場合、非常に多くの選択肢があります。大都市圏には、都市での最もモダンで豪華な生活を送ることができる環境が整っており、高級な集合住宅は住民のための民間のセキュリティー、幼稚園、スポーツ施設、社会施設、駐車場、ショッピングモールなど毎日のアメニティを提供します。

 

トルコで働きたいと考える外国人は、労働ならびに居住許可を得るため、関連のトルコ当局へ必要な書類を提出する義務があります。トルコで雇用される外国人に対する労働許可証発行の方法と原則は、教育、家事サービス、医療サービス、観光、航空、娯楽、およびその他の関連セクター、ならびに外国直接投資、特別外国直接投資、専門家サービス、および駐在事務所なども関連して異なります。一方、外国人に対する居住許可は、主にトルコにおける不動産の所有状況、ビジネスを行うのか、または商業的取引関係を築く意図に基づいて発行されます。

 

トルコの交通システムは、同国の高度に開発されたインフラを十分活用しています。国内には 50ヶ所を超える空港があり、 トルコでは大体の場合1時間掛からずに他の都市に飛行機で移動できます。中央分離帯のある幹線道路と高速道路の広範なネットワークにより、トルコでは自宅からいずれの大都市へも簡単に車で移動できます。一方でこの10年間に高速鉄道網が急速に改善され、トルコの14の大都市が、トルコ共和国建国100周年となる2023年までに高速鉄道で繋がる予定です。

 

トルコの教育システムは、過去10年間で大幅な改革を遂げました。最も明確な変化は義務教育が12年間となったこと、学校ならびに教育機関の数が劇的に増加したことです。公立校に加えて、多くの私立ならびに財団法人による学校が教育サービスを提供しています。さらに、外国のパスポートを所持する生徒のみが通うことのできるインターナショナルスクールは全国にあります。学校は、英語、ドイツ語、フランス語、そしてイタリア語などヨーロッパの言語による教育を提供する一方で、ロシア語、日本語、および中国語などの言語を教える教育機関もあります。

 

トルコの医療システムは、公立、大学、および私立と主に3種類の病院で運営されています。社会ならびに医療保障は本質的に国が規定していますが、民間の健康保険に加入することも可能です。トルコにある公立ならびに私立両方の病院の大部分は、設備の質と専門知識において国際的基準を満たし、またはこれを上回っています。

 

トルコで経験できる文化的活動を制限するものがあるとすれば、それは個々の興味と能力だけです。それが芸術、趣味、娯楽、またはその他のレジャー活動でも、その可能性は無限大です。皆様が参加または観覧してお楽しみいただける映画、演劇、コンサート、バレエ、オペラ、そしてその他の文化活動があらゆる大都市に揃っています。地方のお祭りやより伝統的なレジャー活動も人気の高まりを見せています。

 

豊かな地理と適した地形のお陰で、登山、ゴルフ、スキューバダイビング、ラフティング、スキー、そしてヨットと、トルコは幅広いスポーツを楽しむのに最適な場所です。当然のことながら、サッカー、バスケットボール、バレーボールなどの皆様にお馴染かつ人気のあるスポーツは非常に多くの選手とサポーターが全国に存在します。

 

東地中海地域に位置し、三方を温暖な海に囲まれているトルコは、多くの場合同じ地域や県内でも、気候が大きく異なることを特徴としています。ですから、砂浜で日光浴を楽しんだ後、同じ日に山のリゾートでスキーを楽しむことが可能です。