Skip navigation links
エネルギーおよび再生可能性
ビジネスサービス
化学製品
観光
機械製品
金融
鉱業と金属
自動車
情報通信技術
生命科学
農業・食品
不動産
輸送と物流
このページを印刷プレビューページです。
ここをクリックし、ページに戻ります。
ページを印刷
 

化学製品 

過去10年で化学製品の世界的な売り上げは倍になりました。これは新しい化学製品の生産量のおよそ80%が新興国によるものであることが主な要因です。

 

そしてこの過去10年間、トルコにおける化学製品の売り上げはその世界的なトレンドにほぼ従っています。エンドユーザー市場とその競争力のある生産コストによって市場の成長が堅牢なトルコは、化学メーカーにとって魅力的な投資先です。また、トルコは化学産業の有名ブランドにとって地域的な生産、管理、そして輸出ハブでもあります。BASFHenkelBayerEvonikLindePGPPGDowなどの巨大化学企業は数十年の間トルコで生産を行なっており、長年にわたり成長を続けています。

 

トルコの顧客産業の持続的な成長も強みの源です。トルコは、欧州最大の商用車両の生産国であり、世界でも 17番目に大きな自動車製造国、7 番目の農産物生産国、そして欧州最大の繊維生産国で、世界の輸出額の3%を占めています。

 

トルコの都市開発プロジェクトの一環として、今後20年間で約650万件の住宅を全国で取り壊し、建て直しが行われると推定されています。従って、市場規模600億米ドルのトルコの建設産業は、トルコの化学産業にとって急速に成長するエンドユーザー市場の一つです。

 

トルコの化学産業におけるもう一つの有望な分野は、プラスチックセクターであり、世界のプラスチック生産のおよそ3%を占めます。これにより、トルコは欧州でも2番目に大きなプラスチック生産国であり、世界でも 7 番目の位置を占めています。トルコは欧州の塗料生産において 5番目の生産国であり、塗料業界もまた投資家に機会を提供します。

 

トルコは中国に続き、世界で 2番目の石油化学製品の純輸入国です。石油化学製品の生産能力と消費量の間には大きな隔たりがあり、国内外の投資家にとって十分な機会を提供します。また、トルコの周辺にも、同国の戦略的な位置と最先端のインフラを活用できる有利な機会が存在します。欧州やMENAなど、周辺市場の石油化学消費は、世界全体の4分の1を占めています。

 

成長する経済、大きな国内市場、先端のインフラ、熟練した、競争力のある労働力、そして投資家に優しい法制により、トルコの化学セクターのメーカーは、世界で最も有望な新興国の一つに投資することで、確実に長期的な収益を得ることができます。