Skip navigation links
インフラストラクチャ
エネルギーおよび再生可能性
ビジネスサービス
化学製品
観光
機械製品
金融
鉱業と金属
自動車
情報通信技術
生命科学
農業・食品
不動産
防衛および航空宇宙産業
このページを印刷プレビューページです。
ここをクリックし、ページに戻ります。
ページを印刷
 

金融 

トルコの金融セクターは、2000年代初頭に国を襲った金融危機を受けて政府が実施した規制改革や構造改革のおかげで、2009年の世界的な金融混乱やその後の経済危機の中でも堅調さを維持しました。実際、金融セクターの改革は投資家の信頼を高め、過去15年間で金融業界は510億ドルもの投資を呼び込みました。

 

銀行部門がトルコの金融セクターの大部分、金融サービス全体の70%を占有し、一方で保険サービスや他の金融業も大きな成長の可能性を示しています。トルコには51の銀行(預金銀行33行、開発銀行13行、参加銀行5行)があります。51の銀行のうち、21行は重要な外国資本を保有しています(総資産の30%は外国人投資家が保有しています)。

 

トルコの保険市場は、同規模の国と比較して依然として未開拓です(GDP1.5%)。新規の保険会社が参入し、比較的未開発のトルコ市場のシェアを獲得しているのにともない、その大きな可能性を生かそうとしています。トルコは、金融商品やサービスをますます必要とする若くダイナミックな人口のおかげもあり、目覚ましい経済成長を遂げました。

 

トルコの金融セクターの主な推進役となっているのは、この国の堅調な経済です。過去15年間、トルコ経済は平均5.7%もの実質GDP成長率で成長しており、この勢いは続くと予想されています。

 

トルコの経済拡大は、所得の伸びと、さらなる購買力を獲得した中産階級の急成長をもたらしました。

 

トルコ経済が発展するにつれて、世界経済と統合され、国際取引の量が驚異的に増加しました。このような動きは経済活動をさらに刺激し、金融活動を拡大しています。

 

トルコはまた、共和国の100周年である2023年までに達成すべき具体的な経済目標を設定しました。これらの目標の1つは、イスタンブールを一大金融センターへと変身させることです。トルコの大規模で若い人口、良質な労働力、急速に発展する市場に加えてその地政学上の戦略的位置からして、イスタンブールは国際的な金融ハブの候補として理想的です。政府がイスタンブール金融センターのプロジェクトを開始して以来、イスタンブールは急速に発展し、今や世界の新興金融センターの1つと考えられています。