Skip navigation links
エネルギーおよび再生可能性
ビジネスサービス
化学製品
観光
機械製品
金融
鉱業と金属
自動車
情報通信技術
生命科学
農業・食品
不動産
輸送と物流
このページを印刷プレビューページです。
ここをクリックし、ページに戻ります。
ページを印刷
 

機械製品 

機械製品製造は、トルコ経済成長の主要な産業の一つであり続けています。このセクターは少なからず、その中間財の生産と、建設、エネルギー、織物、農業、および鉱業などの主要なセクターへ商品を提供する能力でトルコのより幅広い製造業の中で重要な役割を果たしています。毎年450,000 名を超えるエンジニアを輩出しているトルコの機械製造セクターは、R&Dを集約的に用いて高い価値を生み出すことで知られています。機械産業の輸出入率52パーセントに達し、現地調達は生産水準において全投入量の85パーセントに達しています。

 

  • 機械産業の輸出総額は、2016年に134億米ドルに達し、2005年の52億米ドルから大きく増加しています。
  • 20052016における機械の年間輸出額の成長率は9パーセントであり、トルコの同時期の全体輸出成長率を上回っています
  • トルコ4 番目の輸出産業であり、トルコ総輸出額9パーセントを占める機械製品は、200を超える国に出荷されています。
  • 機械製品の総輸出の60パーセントがEU諸国と米国に出荷されています。
  • 機械セクターの総輸入額は過去10年間に年間平均成長率10.3パーセントを記録する一方2016年現在260億米ドルを超えており、国内市場の根強い需要を証明しています。
  • FDI外国直接投資の機械製造業への流入は、トルコ全体のFDI額の大きな部分を占めており、2005年から2015年の間、製造業に対するFDI全体の約20パーセントとなっています。
  • 機械製造に対するR&D支出は、2014年に6億米ドルに達して、トルコにおける総R&D支出の約10パーセント占めています。

 

トルコの機械セクターの競争力は、有利な投入コストと、強力な実現要素に後押しされています。投入コストには競争力の高い人件費、低価格で信頼性の高い電力供給、そしてトルコの戦略地政学的位置に基づいた物流の利点などが含まれ、実現要素にはスキルの高い労働力、寛大な投資インセンティブ、イノベーション指向のインフラ、そして確固とした供給ベースならびに国内クラスターなどが含まれます。