Skip navigation links
インフラストラクチャ
エネルギーおよび再生可能性
ビジネスサービス
化学製品
観光
機械製品
金融
鉱業と金属
自動車
情報通信技術
生命科学
農業・食品
不動産
防衛および航空宇宙産業
このページを印刷プレビューページです。
ここをクリックし、ページに戻ります。
ページを印刷
 

不動産 

トルコは、欧州で最も将来性のある不動産市場の一つであり、「場所を選ぶことが一番の決め手である」という決まり文句は、特にこの国に当てはまります。欧州、中東、そして中央アジアが交わる場所に戦略的に位置し、約8,100万の人々が住むトルコは、大型建設セクターと成長中の商用、工業用物件を組み合わせて、不動産開発業者と投資家にとって素晴らしい機会を提供しています。

 

トルコの不動産セクターについては以下のような注目点があります。

 

  • 過去10年間、不動産セクターはGDPの約8.4パーセントを占めます。投資サイドでは、FDI (外国直接投資) の流入が108億米ドルに増加し、2017年のFDI総額のうち、不動産ならびに建設部門が46億米ドル (42.9 パーセント) に達しています。
  • 当面、都市再開発ならびに巨大プロジェクトの計画が目白押しで、この傾向は特にイスタンブールにおいて顕著です。市内のいくつかのプロジェクトには、マルマレー、イスタンブール運河、ヤヴズスルタンセリム橋、ユーラシアトンネル、3層のグランドイスタンブールトンネル、イスタンブール第3 空港などがあります。
  • 都市再生と開発イニシアチブには750万の住宅が含まれます。このイニシアチブには4,000億ドルの予算があり、民間セクターからの多大な貢献があります。
  • Knight Frank グローバル住宅価格インデックスによると、トルコは2017年第3半期年間価格成長インデックスで、 56ヶ所のうち首位に位置しています。トルコは前年比で11.1%の増加となり、オーストラリア、ラトビア、インドを上回る世界でトップクラスの住宅市場の1つに浮上しました。
  • 2017年、トルコの不動産市場で販売された住宅数は 1,400,000 件に達しており、同様に外国人に対する不動産販売は2012年の互恵法の廃止に伴い、増加しはじめました。2017年、トルコでは22,234件の住宅が外国人に販売され、前年比 22.2 パーセントの増加を記録しています。外国人向けの住宅販売については、イスタンブールは2017年に8,182件の売上高を記録し、アンタルヤは4,707件、ブルサは1,474件、ヤロヴァは1,079件を販売しています。
  • 2017年末現在、イスタンブールにあるグレードAのオフィスストックは、249のオフィスビル全体で530万平方メートルを超えました。オフィス市場における年間総賃貸面積の伸びは、2010年から2017年の平均で約12%です。建設中のオフィス供給は120万平方メートル以上あり、2020年末までにグレードAの全オフィス供給が約710万平方メートルの総賃貸可能面積に達すると予想されています。
  • トルコでは 401 ヶ所のショッピングセンターが営業を行っており、リース可能な総面積は 420 万平方メートルに達します。イスタンブールにある 114 ヶ所のショッピングセンターは、リース可能総面積が420万平方メートルあり、これはトルコのリース可能なショッピングセンター総面積の34パーセントを占めます。
  • 2016 JLL Cross Border Retailer Attractiveness Index (クロス ボーダー 小売魅力インデックス) によると、ロンドン、パリ、モスクワ、ミラノ、マドリッドに続いて、イスタンブールがヨーロッパで6番目に魅力的な市場となっています。
  • 近年の成長にも関わらず、トルコは依然として1人あたりのリース可能な総面積の平均は欧州平均を下回っています。これはトルコにおける小売の分野にさらなる成長の可能性があることを意味します。
  • トルコ文化観光省によると、トルコには3,641の格付けホテルがあり、2016年末時点で合計426,981の客室があります。5つ星ホテルはホテル株式の42.7%を占め、4つ星ホテルは24.8%のシェアを確保し、3つ星のホテルは市場シェアの12.6%を占めています。