Skip navigation links
エネルギーおよび再生可能性
ビジネスサービス
化学製品
観光
機械製品
金融
鉱業と金属
自動車
情報通信技術
生命科学
農業・食品
不動産
輸送と物流
このページを印刷プレビューページです。
ここをクリックし、ページに戻ります。
ページを印刷
 

輸送と物流 

新興国の中でもその経済が最も活発なトルコは、世界的交易の交わる中心に位置し、欧州とアジア、東西を結びつけています。

 

トルコの戦略的位置付けは16億人の市場が半径4時間以内の距離にあることです。その複数市場は総GDP額が24兆米ドル、世界の貿易額のおよそ半分を占める14兆米ドルを超える外国貿易額を誇ります。トルコの貿易は顕著に増加しており、この地域は世界貿易の中にあってより存在感を増していると言われています。2016年、トルコの輸出額は1,430億米ドルに達し、2023年には5,000億米ドルとなると見込まれています。さらに、トルコの現在のGDP8,570億米ドルは、2023年には2兆米ドルに達すると期待されています。

 

トルコ経済は過去14年間で年間平均成長率約 5.6 パーセントで成長を続けており、物流セクターに多くの機会を提供しています。その健全な経済成長に加えトルコには欧州でも最大の若年層労働力人口があります。トルコの人口の 42 パーセント以上の年齢が 24 54歳であり、この労働力の強さが物流産業に反映されています。投資家は容易に競争力のあるコストで才能ある人材を雇用することができ、この業界の複雑な要求に対応できます。

 

過去15年間の公的ならびに民間インフラ投資によりトルコにおける物流サービスは著しく改善しました。多くの新しい空港が建設され、高速道路は全国に渡って広がっています。加えて、急成長する高速鉄道網は大都市同士を結び始めており、トルコの港湾取り扱い容量も増加しています。トルコはまた、21ヶ所の物流センターを建設中であり、そのうち7件は完成し、そのうち2件は2017年末にはオープンする予定です。これら物流センター内では、様々な種類の輸送手段を提供し、これによって輸送コストの全体の低減に役立つでしょう。

 

トルコ政府は、さらに物流インフラを改善する努力として2023年に達成すべき野心的な目標を設定しています。これらの目標には次のことが含まれていますが、これらに限定するものではありません。

 

  • 道路網総延長を 70,000 km以上とし、そのうち 8,000 km を幹線道路、36,500 km を二車線道路とすること
  • 鉄道網総延長を 25,000 km とし、そのうち 12,000 km を高速鉄道とすること
  • 道路トンネルの総延長を360kmから700kmへ延ばす
  • 年間旅客輸送量を10億人、貨物輸送量を12,500トンへ増加させること
  • 新たな空港を建設し、トルコのどこからでも空港までの距離を100km以内とすること。これによって年間空港旅客輸送量を4億人に増加させます
  • コンテナ取り扱い容量を 840 TEU から 3,200 TEU へ増やします
  • 船団積載量を 2,920 DWT から 5,000 DWT へ増やします

  

トルコの有利な地理的位置により、東欧、中央アジア、中東そして北アフリカへのアクセスが容易であり、同国のこの地域に運ばれてきた貨物のハブとしての役割を可能にしています。トルコの現在の物流産業の規模は、同国のGDP 1213 パーセントを占めます。2023 GDP 目標によれば大幅な成長が期待され、2023年までに 2,000億〜2,400億米ドルに達すると業界は予測しています。