Skip navigation links
インフラストラクチャ
エネルギーおよび再生可能性
ビジネスサービス
化学製品
観光
機械製品
金融
鉱業と金属
自動車
情報通信技術
生命科学
農業・食品
不動産
防衛および航空宇宙産業
このページを印刷プレビューページです。
ここをクリックし、ページに戻ります。
ページを印刷
 

観光 

世界でも10番目に人気の観光地であり、今後数年で、2017年には3,860万人を超える観光客が訪れたトルコには、この観光業における既存、そして新しく開発されるサブセクターの両方に投資の機会があります。

 

その良好な位置、既存の潜在力、そして2023年に向けた野心的な目標を掲げている今、観光業はそのベッド数を上回る勢いで成長を続けています。 過去数年間に投資が急増しましたが、まだ新しいベンチャーのための余裕が多いにあります。 東、南東アナトリアは文化的観光と、独特な自然、歴史、そして地域文化がよく調和しており、ますます人気のブティックホテルなどをコンセプトとする観光の両方でまだ途上の可能性があります。

 

トルコ観光セクターの重要なポイントと数値は次のようになっています。

 

  • UNWTOによると、2016年、トルコは世界でも10番目に人気の観光地でした。
  • トルコ文化観光相によると、2017年にトルコを訪れた外国人の数は3,860万人で、同年の観光産業の総売上は260億米ドルでした。
  • 近年、トルコの観光産業の成長率は世界の平均を上回っており、2017年現在の経常赤字に対して36%寄与しました
  • 2017年の終わりまでに、12,856 件の宿泊施設が登録されていす。 このうち、9,186件はそれぞれの市町村からライセンスを受けており、残りの 3,670 件は観光業務ライセンスを受けています。 これらの施設が持つ合計ベッド数は1,482,492台を超えています。
  • 現在 281 件のプロジェクトが進行中であり、これらでトルコのベッド数不足に必要な 74,130 台を追加することになります。
  • 宗教観光に関しては、トルコは世界でもいくつかの主要宗教の重要な場所がある国の一つです。316の遺跡のうち、167ヶ所がイスラム教、129ヶ所がキリスト教、そして20ヶ所がユダヤ教に関連しています。
  • アンタルヤは、訪れる外国人観光客数において最も人気のある都市です。 2017年、外国人観光客の 25 %が訪れたアンタルヤは、500件を超える四つ星、五つ星のホテルがその中心地と、周囲のケメル、ベレク、およびカスにあります。
  • 2001年以来、トルコのホテルチェーンならびにグループの数は倍増し、今日では165となっています。これら165のホテルチェーンが経営するホテルの数は824に登り、ホテルチェーンとグループの82パーセントは国内投資家の所有、15パーセントが外国投資家の所有、そして3パーセントは国内外のパートナーが所有しています。
  • トルコには 7,200 km に及ぶ海岸線があり、454カ所のブルーフラッグビーチで世界38カ国中 2番目の数を誇っています。トルコよりも多くのブルーフラッグビーチがあるのはスペインのみで、579カ所となっています。 トルコには22カ所のブルーフラッグマリーナもあります。
  • 地熱観光の可能性としては、トルコは世界でも上位7番目、欧州では 1位であり、1,500 カ所の温泉があります。 様々な温泉スパのベッド総数は 55,140台に達しています。
  • トルコでゴルフを楽しむには、ベレク地域が最も適しているでしょう。15のゴルフコース、50,000のベッド数、そして200万人の観光客が訪れ、世界で最も人気のある観光地の一つに数えられています。さらに、ベレクは2008年、国際ゴルフツアーオペレーター協会(IAGTO) により、ヨーロッパ最高のゴルフ観光地に選ばれています。
  • 2017 年の観光業績に基づいてフォーブストラベルは、世界で最も観光客が訪れる都市のトップ10を選び、イスタンブールは6位となっています。
  • 観光セクターは、2023年までに、年間で5,000万人の観光客、そして500億米ドルの収益を目標に定めました。
  • トルコ政府は、観光セクターの成長を妨げるあらゆる官僚的障壁を徹底的に排除する政策を進める一方で、公共料金の割引、税率の引き下げなどのインセンティブを提供しています。